ニンテンドー3DS&DS関連情報のアーカイブ


2009/10/31(土)15:34

■サモンナイトX ~Tears Crown~

『サモンナイト』は、2000年にPSで発売されて以来、
シリーズを重ね続けている人気シリーズ。

丁寧に描かれたポップなグラフィックや
適度な難易度のシミュレーションRPGとして登場後、
徐々に人気を獲得。
その人気を受けて、
アクションRPGの外伝シリーズも登場するなど、
本編で4作品、外伝で5作品がリリースされてきた。
(移植作品は含まない)

『サモンナイトX ~Tears Crown~」は
シリーズ10作目となる作品で、
シリーズ初の正統派RPGとなっている。

登場人物と仲良くなると変化するエンディングに
大きな影響を与える「夜会話」、
「召還獣」による戦闘といった、
一連のシリーズでおなじみのシステムを踏襲しているほか、
ゲーム開始時に男主人公と女主人公のどちらかを選ぶことができ、
性別によってストーリーに変化が起こるようになっている。
(物語の大筋は変わらない)

そのほかの特徴としては
クエストと呼ばれるサブシナリオが豊富に用意されているため、
すべてのクエストを制しようと思うと
かなりヤリこむ必要がありそうだ。

シリーズで培ってきた丁寧な作品作りは
今作も健在のようでクロスレビューでの評価はおおむね好評。

メインターゲットであるシリーズファンはもちろん、
正統派RPG好きにもオススメできる作品だろう。

なお、限定数のある予約購入特典として以下のものがある。
・オールカラー設定資料集(A5サイズ・24P)


サモンナイトX ~Tears Crown~(特典無し)

価格:6,279円(税込)
メーカー:バンダイナムコゲームス
ジャンル:RPG
公式サイト:http://www.summonnight.net/snworld/snx/

[参考]ファミ通:クロスレビュー合計点数(40点満点)
31点(シルバー殿堂)


□動画


アニメは「GONZO」が担当。人気声優も多数起用している。

2009/10/31(土)15:34

■サクラノート ~いまにつながるみらい~

小学5年生の男の子が
謎の転校生の少女「七海」と知り合ったことから、
枯れ始めたサクラの木を救うために
妖怪たちと戦うことになるアクションアドベンチャーゲーム。

困っている人を助けたり
妖怪を倒すと「ナミダ」が手に入り、
この「ナミダ」を集めることで物語が進んでいく。

「妖怪との戦い」が主軸となってはいるが、
自然を精緻に描写した背景グラフィックや
「ナミダ」を集めるというギミック、
美しい旋律の音楽など、
センシティブな描写、演出が多く、
心に沁みるタイプの作品となっている。

本作は、
これまでユーザー評価の高い作品に携わったクリエイターが
多数参加しているため、前評判の高い作品だった。
スタッフと代表的な作品を列記してみる。

・シナリオ:野島一成
 代表作/『ファイナルファンタジー VII』 『同 VIII』 『同 X』 『同XII』

・音楽:植松伸夫
 代表作/『ファイナルファンタジー』シリーズ

・ゲームデザイン:上田晃
 代表作/『Contact』

・エグゼクティブプロデューサー:和田康宏
 代表作/『牧場物語』シリーズ

スタッフが豪華でも
出来上がった作品は前評判に及ばずイマイチ
というのは、どんなジャンルの作品にもあるが
『サクラノート』は見事、期待に違わない
良作に仕上がったようだ。


サクラノート ~いまにつながるみらい~(特典無し)

価格:5,229円(税込)
メーカー:マーベラスエンターテイメント
ジャンル:アクション+アドベンチャー
公式サイト:http://www.maql.co.jp/special/game/ds/sakuranote/

[参考]ファミ通:クロスレビュー合計点数(40点満点)
33点(ゴールド殿堂入り)

2009/10/25(日)17:50

「アーケードコレクション」の名の通り、
コナミが製作してきたアーケードゲーム(ゲームセンター用のゲーム)を多数収録した作品。

収録されているゲームは
1980年代に発売された以下の15作品。
「Track And Field」(ハイパーオリンピックの海外版タイトル)
「サーカスチャーリー」
「イーアルカンフー」
「プーヤン」
「ロックンロープ」
「魂斗羅」
「ロードファイター」
「スクランブル」
「ツタンカーム」
「ショーリンズロード」
「スーパーバスケットボール」
「グラディウス」
「グリーンベレー」
「タイムパイロット」
「ツインビー」

移植の再現度はおおむね良好で、
かつてこれらのゲームに親しんだ人には高評価のようだ。
2007年3月に発売された作品だが、求めやすい廉価版として発売。


価格:2,000円(税込)
メーカー:コナミ
ジャンル:アクション
公式サイト:http://www.konami.jp/gs/game/kacc/

[参考]ファミ通:クロスレビュー合計点数(40点満点)
評価掲載なし

2009/10/25(日)17:50

『がんばれゴエモン』は
『悪魔城ドラキュラ』とほぼ同時期の1986年に
ファミコンで発売されたアクションゲームで、
登場以来、連綿とシリーズを重ねている。
『ゴエモン』シリーズは『ドラキュラ』シリーズと比ると、
RPGやらパズルゲームやら、
実にさまざまなジャンルのゲームが発売されたうえ、
比較的良作の多い『ドラキュラ』とは異なり、
看板タイトルらしからぬ、
お粗末な出来の作品も多々見られるのが特徴ではあるが、
『がんばれゴエモン 東海道中 大江戸天狗り返しの巻』は
比較的ユーザーからの評価も良好なアクションゲームとなっている。
2005年8月に発売された作品だが、求めやすい廉価版として発売。


価格:2,000円(税込)
メーカー:コナミ
ジャンル:アクション
公式サイト:http://www.konami.jp/gs/game/goegoe/ds/(音が鳴るので注意)

[参考]ファミ通:クロスレビュー合計点数(40点満点)
27点

2009/10/25(日)17:50

『悪魔城ドラキュラ~蒼月の十字架~』は
1986年にファミコンで発売されて以来、人気を博し、
連綿と続いているアクションゲームシリーズの
『悪魔城ドラキュラ』の1作品。
ゲームシステムは
1997年にPSで発売された
『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』の流れを汲む
迷宮探索型の2Dアクションゲームとなっている。
2005年8月に発売された作品だが、求めやすい廉価版として発売。


価格:2,000円(税込)
メーカー:コナミ
ジャンル:アクションゲーム
公式サイト:http://www.konami.jp/gs/game/dracula_ds/(音が鳴るので注意)

[参考]ファミ通:クロスレビュー合計点数(40点満点)
33点(ゴールド殿堂入り)


□動画


1分ほどアニメシーンが続きます。

2009/10/25(日)17:50

『ソードワールド』は、元々『ソード・ワールドRPG』という
和製テーブルトークRPG(ルールなどに基づいて仲間たちが話をしながら進めていくゲーム。RPGの元祖中の元祖のようなもの)があり、そこから発生した一連の作品郡を指す。

『ゲームブックDS ソード・ワールド2.0』は
2008年に発売された新シリーズを基に、
ゲームブック風の内容にしたDS用ゲーム。

「ゲームブック」とは簡単に説明すれば、
敵に出会うと「戦う→○ページ」「逃げる→○ページ」、
人に会うと「会話をする→○ページ」「無視する→○ページ」
などといった形で、
行動ごとにページをくって読み進めるタイプの書籍のこと。

このDS用ゲームでは
「行動を選ぶ」「サイコロを使って戦闘を行なう」といった部分で
ゲームブック的な要素を踏襲している。
「何故わざわざゲームブック風に?」
という疑問を持つ人は多数いると思うが、
基本的に「要はアドベンチャーゲーム」と考えてしまっていいだろう。

シナリオは『ソードワールド』を開発したSNEが担当しているため、
物語のクオリティは原作ファンも納得のものになりそうだ。

なお、「デラックスパック」版(7,140円)が同時発売され、
以下のものがセットになっている。
●舞台全景が描かれたTRPGプレイマット『テラスティア大陸マップ』
●ゲーム中のサイコロ(ダイス)のデザインを踏襲した『オリジナルダイスストラップ』
●描き下ろしイラストの描かれた収納BOX

また、限定数のある予約特典として以下のものが用意されている。
●「オリジナルブックカバー」


ゲームブックDS ソード・ワールド 2.0(通常版)

価格:通常版 5,040円(税込)/デラックスパック 7,140円(税込)
メーカー:ブロッコリー
ジャンル:RPG+アドベンチャーゲーム
公式サイト:http://www.broccoli.co.jp/game/gamebook/swordworld/(音が鳴るので注意)

[参考]ファミ通:クロスレビュー合計点数(40点満点)
23点


□動画


絵柄に関しては電撃らしい(?)感じでよさげ。



最新記事(30件分)

サイト休止のお知らせ (03/01)

2016/2/29ニュース:『ドラゴンボールZ 超究極武闘伝』のインターネット対戦モードをフィーチャーしたCMが公開 (02/29)

2016/2/27ニュース:シリーズ最新作『アイカツスターズ』のプロジェクト展開が発表。3DS版も発売決定 ほか (02/27)

『ポケットモンスター サン / ムーン』が2016年冬に発売決定。3DS VC版の初代ポケモンからポケモンを移行可能に (02/27)

2016/2/26ニュース:『妖怪三国志』のテレビCM「登場篇」が公開 ほか (02/26)

3DS版『テラリア』の紹介動画が公開。3月30日に体験版が配信されることも告知 (02/26)

3DS『ハイキュー!! Cross team match!』、「カツ丼無料券」と「池尻と澤村、東峰、菅原」の会話シーンの動画が公開 (02/26)

2016/2/25ニュース:3DSバーチャルコンソール版『ポケットモンスター』の発売記念特番が26日に配信 ほか (02/25)

3DS『ロックマン クラシックス コレクション』の紹介動画第2弾が公開。レアグッズプレゼントキャンペーンなども実施 (02/25)

2016/2/24ニュース:『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』の体験版のプレイで『X』用の装備「リアクター」をプレゼント ほか (02/24)

3DS版『無限のデュナミス』が3月2日に配信決定。サイボーグの少女と共に世界を救うSFファンタジーRPG (02/24)

3DS『マル合格! 行政書士試験』、『応用情報技術者試験』の平成28年度版が3月2日に同時発売 (02/24)

3DS『メダロット ガールズミッション』の体験版が配信開始。『9』も購入したユーザー向けのキャンペーンも告知 (02/24)

2016/2/23ニュース:3DS版『ヒロアカ』の概要が更新 ほか (02/23)

2016/2/22ニュース:『ハイキュー!! Cross team match!』の第2弾CMが公開 ほか (02/22)

3DS『暗殺教室 アサシン育成計画!!』、殺せんせー(福山潤)と渚(渕上舞)がゲーム内容を紹介する動画が公開 (02/22)

3DS『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』、パズルバトルのルールを確認できる動画が公開 (02/22)

2016/2/19ニュース:『パズドラX』は2バージョンで7月28日に発売 ほか (02/19)

3DS『パズドラX(クロス)』の発売日が7月28日に決定。『神の章』、『龍の章』の2バージョンを発売。購入特典も発表 (02/19)

3DS『ハイキュー!! Cross team match!』、お祭りのシーンと「及川と岩泉」の会話シーンの動画が公開 (02/19)

3DS『ドラゴンボールZ 超究極武闘伝』、「七星龍(ちーしんろん)」のZアシストキャラクターを登場させるコマンドが公開 (02/19)

3DS『パズドラZ』、赤オロチが出現する「赤大蛇の絵馬」を入手できるドロップコードが配信 (02/19)

2016/2/18ニュース:『みつけて! おじぽっくる』の3DS版が発売決定 ほか (02/18)

3DS『みつけて! おじぽっくる+(プラス)』が3月2日に配信。スマホ版からキャラが増加した、おじさん妖精探しアドベンチャーゲーム (02/18)

3DS『牧場物語 3つの里の大切な友だち』、主人公のカスタマイズや畑仕事、動物の世話、牧場の配置変更などを確認できる動画が公開 (02/18)

3DS『カードファイト!! ヴァンガードG ストライド トゥ ビクトリー!!』、「タンポポの銃士 ミルッカ」が手に入るパスワードが公開 (02/18)

2016/2/17ニュース:「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」で『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』が紹介 ほか (02/17)

3DS『シチズンズ オブ アース』が2月24日に配信。主人公は副大統領。『マザー』の影響を受けた海外製RPG (02/17)

3DS『ハイキュー!! Cross team match!』、嶋田誠(CV:前野智昭)がゲームの特徴を紹介する動画が公開 (02/17)

2016/2/16ニュース:『真・女神転生IV FINAL』、特番のアーカイブ映像が公開 ほか (02/16)

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ
サイト内検索

広告

メール

お名前
メール
件名:
本文


Copyright © GamersHour for ニンテンドー3DS&DS All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」