ニンテンドー3DS&DS関連情報のアーカイブ


2010/11/10(水)23:45
2010年11月18日発売のニンテンドーDSソフトのクロスレビュー


・スーパーカセキホリダー
 8/8/8/8=32点(ゴールド殿堂入り)

・ソニックカラーズ
 8/8/8/8=32点(ゴールド殿堂入り)

・維新の嵐 疾風龍馬伝
 8/8/8/7=31点(シルバー殿堂入り)

・もっと!スティッチ!DS リズムでラクガキ大作戦♪
 8/7/7/8=30点(シルバー殿堂入り)



【コメント】
 来週発売の4本は、突出した作品はなさそうだが、すべて殿堂入りとかなりの豊作。プレステ系などの他ハードと比べると、少々ソフト日照り感があるDSユーザーとしては嬉しいかぎり。

 『スーパーカセキホリダー』は、2008年4月17日に発売されたRPG『ぼくらはカセキホリダー』の続編。開発は前作にも参加していたレッド・エンタテインメント。カセキ(化石)を発掘し、クリーニングを行って復元、蘇らせた古代生物(リバイバー)を使って、バトルを行なうというRPGで、『ポケモン』系ゲームの恐竜バージョンといえる。
 クロスレビューでは、タッチペンやマイクを駆使したカセキ採集やクリーニング作業の楽しさが高評価。計32点のゴールド殿堂入りを獲得している。ちなみに前作の『ぼくらはカセキホリダー』も32点を獲得していた。

 『ソニックカラーズ』は、セガの看板キャラクターにして、世界的に有名なアクションゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズの最新作。本タイトルはDSとWiiでリリースされ、Wii版はサードパーソンビュータイプの3Dアクションゲームだが、DS版は2D横スクロールタイプという昔ながらの『ソニック』ゲームになっている。今作では、カラーパワーというものを取得することでソニックがロケットになったり、ドリルになったり、レーザーを発射できるようになったりと、様々なパワーアップができるようになっているのが特徴。
 クロスレビューでは、『ソニック』シリーズらしい疾走感や丁寧な作りが高評価。スピードが早過ぎる点や、上下画面を行き来するゲーム性ゆえに、いつの間にかミスしてしまうといった点が指摘されてはいるが、計32点のゴールド殿堂入りを獲得している。

 『維新の嵐 疾風龍馬伝』は、自由度の高さが魅力のコーエー独自のジャンル、リコエイションゲーム(歴史シミュレーション色の強いRPG)シリーズのひとつとして発売された『維新の嵐』シリーズの最新作。しかし今作は、そのリコエイションゲームとしてのなりは潜め、物語性を重視した、アドベンチャーゲーム色の濃い作品となっている。昨今の幕末ブームに乗った形で、坂本龍馬をフィーチャーしており、シリーズの過去作のように主人公を選ぶことはできず、龍馬オンリーでプレイすることになる。
 クロスレビューでは、演出面も含めた全体的な地味さや、お使い的な作業感などは指摘されているものの、取っ付きやすく遊びやすい面などが好評価され、計31点のシルバー殿堂入りを果たしている。

 『もっと!スティッチ!DS リズムでラクガキ大作戦♪』は、ディズニーの人気アニメ『スティッチ!』を題材に、2009年12月3日に発売されたリズムアクションゲーム『スティッチ!DS オハナとリズムで大冒険』の続編。
 前作同様、リズムにあわせて音符をタッチするゲームとなっているが、新要素として、タッチペンで画を描く「ラクガキアクション」が追加されている。
 クロスレビューでは、前作に比べ、ステージ数、曲数、着せ替えアイテム数の大幅ボリュームアップを好評価。計30点のシルバー殿堂入りを獲得している。ちなみに前作のクロスレビューの点数は28点。


2010/11/10(水)11:52
 オーストラリアでの11月18日発売を皮切りに、日本よりも先行発売される海外で、『ソニックカラーズ』のローンチトレイラーが公開。
 DSとWiiで発売される本作だが、今回公開された動画はDS版のプレイシーンのみが使われた動画となっている。
 
 動画では、本作最大の特徴である5つのカラーパワーによる変身要素や、2人で楽しめる対戦プレイの要素をアピール。
 カラーパワーに関しては、「シアン・レーザー」、「イエロー・ドリル」、「オレンジ・ロケット」、「レッド・バースト」、「バイオレット・ボイド」の全5種類のパワーを見ることができる。

2010/11/10(水)11:52
KONAMI「ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート」を2011年1月27日に発売。全米を虜にした傑作パズルゲームが,ついに日本上陸 (4Gamer.net)

 北米で2009年9月15日に発売。非常に高い評価を得、2010年10月12日にはシリーズ第2弾『Super Scribblenauts』が発売された、『Scribblenauts(スクリブルノーツ)』の日本版が発売決定。
 移植されるのは第1作目。
 日本版のタイトルは『ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート』。
 発売メーカーはコナミ(海外ではワーナーブラザーズ・インタラクティブ。制作は5th Cell)。
 ソフトの発売は2011年1月27日。価格は3980円。

 『Scribblenauts』は、「単語」を画面に書く(or入力する)ことによって出現するアイテムを使って、与えられたお題をクリアしていくというユニークなパズルゲーム。
 その独創性はもちろん、とにかく圧倒的な数の単語に対応しており、「こんな単語でも、アイテムは出てくるのだろうか」、「この単語でも、お題をクリアできるのでは?」といった、非常に高い自由度が楽しさに結びついているゲームとして、高評価を獲得。

 海外のレビュースコア集計サイト「Metacritic」では、『1』は平均スコア「79」、続編『Super Scribblenauts』は82点という高得点を獲得している(数値で見るとちょっと低めに見えるが、絶賛の声が少なくない)。

 移植に関しては、言語のニュアンスの違いはもちろん、なにより言語自体がゲームシステムの根幹に関わってくるため、移植作業の大変さを考えると日本版の発売は難しいのではと思われていたが、今回無事、移植されることになったわけだ。

 下に、海外で公開された初代作品のトレイラーの一部を掲載しておく。


2010/11/10(水)11:51
『どんだけスポーツ101』公式サイト (公式サイト)

 『どんだけスポーツ101』の公式サイトがオープン。
 現在、「どんなゲーム?」、「どんだけ知ってる? 収録スポーツ!」、「スクリーンショット」ページが公開されている。

 『どんだけスポーツ101』はその名の通り、101種類のミニゲームタイプのスポーツゲームを楽しめる作品。
 海外で2010年9月7日に発売された『101-in-1 Megamix Sports』の日本移植版となっている。
 101種類のスポーツを収録といっても、全部がすぐに楽しめるわけではなく、最初に楽しめるゲームは10種類のみとなっており、条件を達成していくと、遊べるゲームがどんどん増えていくという仕組みになっている。
 メーカーはスターフィッシュ・エスディ。
 ソフトの発売は12月16日。価格は3990円。


2010/11/10(水)11:51
『アロー・オブ・ラピュタ』公式サイト (公式サイト)

 DSiウェア『アロー・オブ・ラピュタ』の公式サイトがオープン。
 現在、「世界紹介」、「ゲームシステム」ページが公開されているほか、プレイ動画が公開されている。

 公開されている動画では、ストーリーパートを交えつつ、ユニットキャラクターを駆使して戦うバトルパートをプレイする様子を紹介。
 浮遊城塞ラピュタに装備された魔法兵器「ラピュタ砲」の使用シーンも見ることができる。

2010/11/10(水)11:50
「二ノ国 漆黒の魔導士」完成披露会専用ページ

 12月9日に発売される『二ノ国 漆黒の魔導士』の発売に伴い、12月8日に完成披露会が開催されると発表。
 11月9日より応募専用ページにて、披露会への招待応募受付が開始されている。
 席数は1000名分が用意。
 応募資格は15歳以上。
 応募締め切りは、11月18日(木)午前11時まで。
 会場はJCBホール(東京文京区)。
 当日開場は17時。開演は19時。終了予定は20:30頃。

 会場には、以下の著名俳優陣らが出席するという。


最新記事(30件分)

サイト休止のお知らせ (03/01)

2016/2/29ニュース:『ドラゴンボールZ 超究極武闘伝』のインターネット対戦モードをフィーチャーしたCMが公開 (02/29)

2016/2/27ニュース:シリーズ最新作『アイカツスターズ』のプロジェクト展開が発表。3DS版も発売決定 ほか (02/27)

『ポケットモンスター サン / ムーン』が2016年冬に発売決定。3DS VC版の初代ポケモンからポケモンを移行可能に (02/27)

2016/2/26ニュース:『妖怪三国志』のテレビCM「登場篇」が公開 ほか (02/26)

3DS版『テラリア』の紹介動画が公開。3月30日に体験版が配信されることも告知 (02/26)

3DS『ハイキュー!! Cross team match!』、「カツ丼無料券」と「池尻と澤村、東峰、菅原」の会話シーンの動画が公開 (02/26)

2016/2/25ニュース:3DSバーチャルコンソール版『ポケットモンスター』の発売記念特番が26日に配信 ほか (02/25)

3DS『ロックマン クラシックス コレクション』の紹介動画第2弾が公開。レアグッズプレゼントキャンペーンなども実施 (02/25)

2016/2/24ニュース:『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』の体験版のプレイで『X』用の装備「リアクター」をプレゼント ほか (02/24)

3DS版『無限のデュナミス』が3月2日に配信決定。サイボーグの少女と共に世界を救うSFファンタジーRPG (02/24)

3DS『マル合格! 行政書士試験』、『応用情報技術者試験』の平成28年度版が3月2日に同時発売 (02/24)

3DS『メダロット ガールズミッション』の体験版が配信開始。『9』も購入したユーザー向けのキャンペーンも告知 (02/24)

2016/2/23ニュース:3DS版『ヒロアカ』の概要が更新 ほか (02/23)

2016/2/22ニュース:『ハイキュー!! Cross team match!』の第2弾CMが公開 ほか (02/22)

3DS『暗殺教室 アサシン育成計画!!』、殺せんせー(福山潤)と渚(渕上舞)がゲーム内容を紹介する動画が公開 (02/22)

3DS『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』、パズルバトルのルールを確認できる動画が公開 (02/22)

2016/2/19ニュース:『パズドラX』は2バージョンで7月28日に発売 ほか (02/19)

3DS『パズドラX(クロス)』の発売日が7月28日に決定。『神の章』、『龍の章』の2バージョンを発売。購入特典も発表 (02/19)

3DS『ハイキュー!! Cross team match!』、お祭りのシーンと「及川と岩泉」の会話シーンの動画が公開 (02/19)

3DS『ドラゴンボールZ 超究極武闘伝』、「七星龍(ちーしんろん)」のZアシストキャラクターを登場させるコマンドが公開 (02/19)

3DS『パズドラZ』、赤オロチが出現する「赤大蛇の絵馬」を入手できるドロップコードが配信 (02/19)

2016/2/18ニュース:『みつけて! おじぽっくる』の3DS版が発売決定 ほか (02/18)

3DS『みつけて! おじぽっくる+(プラス)』が3月2日に配信。スマホ版からキャラが増加した、おじさん妖精探しアドベンチャーゲーム (02/18)

3DS『牧場物語 3つの里の大切な友だち』、主人公のカスタマイズや畑仕事、動物の世話、牧場の配置変更などを確認できる動画が公開 (02/18)

3DS『カードファイト!! ヴァンガードG ストライド トゥ ビクトリー!!』、「タンポポの銃士 ミルッカ」が手に入るパスワードが公開 (02/18)

2016/2/17ニュース:「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」で『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』が紹介 ほか (02/17)

3DS『シチズンズ オブ アース』が2月24日に配信。主人公は副大統領。『マザー』の影響を受けた海外製RPG (02/17)

3DS『ハイキュー!! Cross team match!』、嶋田誠(CV:前野智昭)がゲームの特徴を紹介する動画が公開 (02/17)

2016/2/16ニュース:『真・女神転生IV FINAL』、特番のアーカイブ映像が公開 ほか (02/16)

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ
サイト内検索

広告

メール

お名前
メール
件名:
本文


Copyright © GamersHour for ニンテンドー3DS&DS All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」