ニンテンドー3DS&DS関連情報のアーカイブ


2009/12/18(金)18:27
■ゼルダの伝説 大地の汽笛

『スーパーマリオ』シリーズとともに、
世界的に絶大な人気を誇る
アクションRPGシリーズの最新作。

『ゼルダの伝説』の第一作目は
1986年2月にファミリーコンピュータ用の外部機器
「ファミリーコンピュータ ディスクシステム」と同時にリリースされた。

文字によるヒントがほとんどない中、
フィールドを動き回り、
ダンジョンを探し当て、その中を冒険していくという
アドベンチャー色の強いアクションゲームとして登場。

フィールドやダンジョン内は、
さまざまな謎を解かないと先へは進めず、
プレイヤーは状況を見ながら、
思いつく限りの行動を試す必要がある。

ようやくたどり付いたダンジョンの奥に潜むボスも
一筋縄ではいかず、戦闘のなかで
弱点や攻略法を見つけ出さなければ倒せない。

RPG的な成長要素もあるが、
アイテムによって体力の上限が増えたり、
武器の変更によって攻撃力が上昇する程度で、
これまた最小限のもの。

操作も謎もシンプルながら
先に記したように、
最小限の情報量にとどめられた世界のなかで
自分の頭や行動によって
先へ先へと進んでいく面白さ。
そして歯ごたえのあるゲームバランスは、
当時発売されていた作品群のなかでも
画期的なものだった。

ディスクシステムというハードウェア自体は、
短命に終わってしまったものの、
ギミック豊富なアクションRPGという金字塔を打ち立て
大ヒットを記録した『ゼルダの伝説』は
以降、定番作品としてシリーズ化されていくことになる。

なお、第二作目の『リンクの冒険』は、
一作目と同じディスクシステムでリリースされたが、
横から見たサイドビュータイプの
アクション性がより強くなったゲームで、
シリーズ中でも異色な作品となっていた。

シリーズのリリースペースは、
1998年にニンテンドウ64で発売された
『ゼルダの伝説 時のオカリナ』以降早くなっていたが、
今作『ゼルダの伝説 大地の汽笛』は、2007年6月に発売された
『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』に続く作品として
約1年半ぶりに発売される。

『夢幻の砂時計』は、
2002年という随分と前にゲームキューブで発売された
『ゼルダの伝説 風のタクト』と完全なつながりがあるという、
シリーズ中でも珍しい設定の作品だったが、
今回の『大地の汽笛』は、
多くの『ゼルダの伝説』シリーズ同様、
キャラクターは同名でも、
時代背景が異なる設定となっている。

しかしグラフィックデザインなどは
『夢幻の砂時計』を踏襲したイメージとなっており、
タッチペンを使ったギミックが多数盛り込まれている点をはじめ、
システム面では前作を踏襲している。


今作での主人公の「リンク」は、汽車の機関士という設定。
「ゼルダ姫」が魔王の復活が迫っていることを知ったことから、
リンクもともに旅にでることとなるが、
途中、謎の男に襲われ、
ゼルダの身体から
魂だけが抜け出た状態となってしまう。

しかしリンクだけはなぜか
魂の状態のゼルダ姫を知覚できたため、
リンクとゼルダ姫は協力しあい、
謎の男に持ち去られたゼルダ姫の身体を探すとともに、
魔王の復活を防ぐため、
旅にでることになる。

上記のように、今作最大の特徴は
魂だけが存在するゼルダ姫の存在だ。

ゼルダ姫は、小さな妖精のようにリンクと一緒にいるのだが、
特定の敵に乗り移って一緒に行動することが可能。

ゼルダ姫に協力してもらうことで、
離れたところにあるスイッチを押してもらったり、
敵を引きつけてもらい、そのスキに背後に回って攻撃したり、
頑丈な敵の身体を使って罠を防いでもらうなど、
さまざまなことができるようになっている。

またリンクは機関士のため、
遠くへの移動には汽車を使用。

もちろんただ汽車に乗って移動するだけではない。
道中には敵が出現するほか、
謎を解くことで新たな線路が使え、
より多くの場所へ移動できるようになっている。

ほかDSのマイクに息を吹きかけることで、
謎解きに使う笛を吹いたり、
つむじ風を巻き起こして何かを吹き飛ばしたりなど、
楽しいギミックも満載だ。

さらに前作にもあった、友人との対戦プレイも形を変えて登場。
今回は、ステージ内に出現するアイテム「フォース」を
どれだけ取れたかをみんなで競いあうもの。
ステージ内には敵はもちろん、
取得するとさまざまな効果のあるアイテムが出現。
このアイテムの活用が勝負を大きく左右する。

対戦プレイはダウンロードプレイに対応しており、
1つのソフトで最大4人対戦ができるようになった。
ただし今回は、残念ながらWi-Fi通信には対応していない。

ほか、前作同様、すれ違い通信にも対応。
今回は、見知らぬ人と汽車のパーツや宝の交換が可能だ。


約2週間ほど早く『大地の汽笛』が発売された海外では、
過去のシリーズ同様、非常に高い評価を得ている。

毎度のごとく、期待を裏切らない完成度となっているので
ファンはもちろん、アクションRPG好きは
今回も迷わず購入できそうだ。

なお、限定数のある特典として以下が付いてくる。
●羽根ペン型オリジナル透明タッチペン
 (ルピー型特製ケースに封入)


ゼルダの伝説 大地の汽笛 特典 羽根ペン型オリジナル透明タッチペン (ルピー型特製ケース付属) 付き

価格:4,800円(税込)
ジャンル:ACT+RPG
公式サイト:http://www.nintendo.co.jp/ds/bkij/

[参考]ファミ通:クロスレビュー点数(40点満点=10点×4人)
37点(プラチナ殿堂入り)



【この記事のカテゴリ】 新作紹介


【このカテゴリの前後の関連記事】   web拍手 by FC2 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最新記事(30件分)

サイト休止のお知らせ (03/01)

2016/2/29ニュース:『ドラゴンボールZ 超究極武闘伝』のインターネット対戦モードをフィーチャーしたCMが公開 (02/29)

2016/2/27ニュース:シリーズ最新作『アイカツスターズ』のプロジェクト展開が発表。3DS版も発売決定 ほか (02/27)

『ポケットモンスター サン / ムーン』が2016年冬に発売決定。3DS VC版の初代ポケモンからポケモンを移行可能に (02/27)

2016/2/26ニュース:『妖怪三国志』のテレビCM「登場篇」が公開 ほか (02/26)

3DS版『テラリア』の紹介動画が公開。3月30日に体験版が配信されることも告知 (02/26)

3DS『ハイキュー!! Cross team match!』、「カツ丼無料券」と「池尻と澤村、東峰、菅原」の会話シーンの動画が公開 (02/26)

2016/2/25ニュース:3DSバーチャルコンソール版『ポケットモンスター』の発売記念特番が26日に配信 ほか (02/25)

3DS『ロックマン クラシックス コレクション』の紹介動画第2弾が公開。レアグッズプレゼントキャンペーンなども実施 (02/25)

2016/2/24ニュース:『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』の体験版のプレイで『X』用の装備「リアクター」をプレゼント ほか (02/24)

3DS版『無限のデュナミス』が3月2日に配信決定。サイボーグの少女と共に世界を救うSFファンタジーRPG (02/24)

3DS『マル合格! 行政書士試験』、『応用情報技術者試験』の平成28年度版が3月2日に同時発売 (02/24)

3DS『メダロット ガールズミッション』の体験版が配信開始。『9』も購入したユーザー向けのキャンペーンも告知 (02/24)

2016/2/23ニュース:3DS版『ヒロアカ』の概要が更新 ほか (02/23)

2016/2/22ニュース:『ハイキュー!! Cross team match!』の第2弾CMが公開 ほか (02/22)

3DS『暗殺教室 アサシン育成計画!!』、殺せんせー(福山潤)と渚(渕上舞)がゲーム内容を紹介する動画が公開 (02/22)

3DS『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』、パズルバトルのルールを確認できる動画が公開 (02/22)

2016/2/19ニュース:『パズドラX』は2バージョンで7月28日に発売 ほか (02/19)

3DS『パズドラX(クロス)』の発売日が7月28日に決定。『神の章』、『龍の章』の2バージョンを発売。購入特典も発表 (02/19)

3DS『ハイキュー!! Cross team match!』、お祭りのシーンと「及川と岩泉」の会話シーンの動画が公開 (02/19)

3DS『ドラゴンボールZ 超究極武闘伝』、「七星龍(ちーしんろん)」のZアシストキャラクターを登場させるコマンドが公開 (02/19)

3DS『パズドラZ』、赤オロチが出現する「赤大蛇の絵馬」を入手できるドロップコードが配信 (02/19)

2016/2/18ニュース:『みつけて! おじぽっくる』の3DS版が発売決定 ほか (02/18)

3DS『みつけて! おじぽっくる+(プラス)』が3月2日に配信。スマホ版からキャラが増加した、おじさん妖精探しアドベンチャーゲーム (02/18)

3DS『牧場物語 3つの里の大切な友だち』、主人公のカスタマイズや畑仕事、動物の世話、牧場の配置変更などを確認できる動画が公開 (02/18)

3DS『カードファイト!! ヴァンガードG ストライド トゥ ビクトリー!!』、「タンポポの銃士 ミルッカ」が手に入るパスワードが公開 (02/18)

2016/2/17ニュース:「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」で『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』が紹介 ほか (02/17)

3DS『シチズンズ オブ アース』が2月24日に配信。主人公は副大統領。『マザー』の影響を受けた海外製RPG (02/17)

3DS『ハイキュー!! Cross team match!』、嶋田誠(CV:前野智昭)がゲームの特徴を紹介する動画が公開 (02/17)

2016/2/16ニュース:『真・女神転生IV FINAL』、特番のアーカイブ映像が公開 ほか (02/16)

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
サイト内検索

広告

メール

お名前
メール
件名:
本文


Copyright © GamersHour for ニンテンドー3DS&DS All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」