ニンテンドー3DS&DS関連情報のアーカイブ


2014/08/31(日)14:12
 配信のニンテンドーダイレクトにて、3DSの新たなバージョンが発表された。


 新しい3DSは「Newニンテンドー3DS」。


 New 3DSは、単なるマイナーチェンジを超える刷新がされた本体となっている。

 また、3DS LL、標準サイズの3DS、両サイズが同時に発売されるとのこと。


 発売日は、『モンスターハンター4G』と同じ「10月11日(土)」。

 価格は、New 3DS LLが18800円(税抜)。

 New 3DSが16000円(税抜)。


 現行モデルのラインアップは、3DS LLが18000円(税抜)、3DSが14286円(税抜)となっているため、3DS LLで800円+税、3DSで1714円+税分、高くなっている。
 しかしその分、大幅な機能の改善・追加がされた本体となっており、割高感はあまり感じられない。
 (後述するが、New 3DSでは標準搭載となる「NFC」の機能を現行モデルに追加する場合、周辺機器が必要となる。その価格が数百円レベルの安価なものだったとしても、New 3DSに同梱されていると考えれば、お得感を感じられる)。



 New 3DS特徴を箇条書きすると以下のとおり。

 最大の特徴のひとつが、周辺機器の「拡張スライドパッド」で追加されたスティック&ボタンが、内包された部分となっている。






【Newニンテンドー3DSの主な特徴】

・右側のボタンの上方に右アナログスティック「Cスティック」を追加。

・L・Rボタンの隣に、「ZL」・「ZR」ボタンを新たに追加。

・NFC(近距離無線通信)の読み取り機能を標準搭載(下画面にかざすだけでOK)。
 年末発売予定のNFCフィギュア「amiibo」や、NFC対応カードなどの読み取りが可能。

・「3Dブレ防止機能」により、本体が多少左右に傾いても、立体視が乱れずに見られる。

・CPU(マシンの頭脳というべき部分)がパワーアップ。
 各種動作、インターネット関連(サイトの閲覧など)、ファイルのダウンロードなどの速度がアップ。

・画面の明るさの自動調整機能が追加。
 適切な明るさになることで、見やすくなるうえに、消費電力が節約される。

・無線LANで、写真データなどをパソコンなどに移動可能に。

・カメラの性能がアップし、暗いところでもより鮮明な画像が撮影可能に。

・記憶媒体が「SDカード」から、サイズの小さい「microSDHCカード」に変更。
 (ただし、スロットが背面のバッテリーカバーの下に隠れる形になり、+ドライバーを使う必要があるなど交換が多少面倒に)
 ※より高機能の規格である「SDXC」カードには未対応とのこと。

・バッテリーの持ち時間がアップ(後述)

・インターネットブラウザーが一新。
 html5の仕様になり、動画も見られるように。



 

 ほか、ボタンがカラフルになっている点も特徴。
 配色がスーパーファミコンのコントローラーと同じ配色となっており、オールドファンの心をくすぐるものとなっている。


 また、特に改善点ではないが、
・ゲームカードスロットの差込口やタッチペンホルダー、電源ボタンの位置が、すべて本体下部側面に変更。
・本体側面の「無線スイッチ」がなくなり、無線の切り替えは、「HOMEメニュー」上からのみ行なえる。
 といった変更も存在する。

 これらはボタンの追加などの影響で変更された点であり、「改善のため」ではない(無線スイッチはコストダウンなどの理由もあるかと思われるが)



 さらに、こちらの特徴は、通常サイズのNew 3DSだけにあてまはるもので、「New 3DS LL」にはない特徴となるが、

・上下画面がそれぞれ少し拡大

・表面&背面カバーを交換することで、本体を好きなデザインにカスタマイズするギミックが搭載

 されているとのこと。

 デザインカバーは「きせかえプレート」と題し、上下のプレートをセットで販売。

 10月11日の発売日の時点で、38種類のプレートがいっせいに発売されるとのこと。

 そして、以降も様々な種類が発売されていき、少なくとも年内には50種類以上のラインアップになるという(もちろん、周辺機器メーカーも参入するだろうから、さらに多い数になるはず)。


 なお、価格は現在のところ、「1000円」~となっている。
 (種類により価格が異なり、最初の段階では「1000円」のものと、「1500円」のものが存在)。





 CPUのパワーアップの恩恵については他に、詳細は不明だが、画面切り替えに時間がかかったゲームをNew 3DSでプレイすると、時間が短縮されるといった効果があるものも存在するかもしれない。


 ただ今後、メーカー側が、New 3DSのCPUを活かしたゲーム作りを行なうことで、New 3DSで遊んだ場合のみ、画面がよりキレイになる(つまり、重たい処理の画面描画が可能になる)などといったことも可能になるという。


 そして実際、New 3DSのパワーを活かした“New 3DS専用ソフト”として、Wiiで発売された『ゼノブレイド』の移植版が2015年注に発売予定となっているという。



 本体や画面サイズについては、以下のような変化がある。


 なお、改善点ばかりでなく、各種ギミックの追加などもあって、本体サイズが少し大きくなってしまっているほか、「New 3DS」については画面が拡大されたこともあって、少しだけ重くなってしまっているとのこと(逆にLLの方は、少し軽くなっている)



【New 3DS LL】


・本体サイズ
 縦93.5mm×横160mm×厚さ21.5mm (折りたたみ時)
 ※旧3DSのサイズ:縦93mm×横156mm×厚さ22mm

・上&下画面サイズ ※旧型と同じ
 4.88型(横106.2mm×縦63.72mm)
 4.18型(横84.96mm×縦63.72mm)

・重さ
 約329g(バッテリーパック・タッチペン・microSDカードを含む)
 ※旧3DS:336g

・バッテリー持続時間(3DSソフト使用の場合。DSソフトの場合はさらに持続)
 約3時間30分~7時間
 ※旧3DS:約3時間30分~9時間30分

・本体カラー(当初は以下の2種類が発売)
 メタリックブルー
 メタリックブラック

 




【New 3DS】


・本体サイズ
 縦80.6mm×横142mm×厚さ21.6mm (折りたたみ時)
 ※旧3DS:縦74mm×横134mm×厚さ21mm

・上画面サイズ
 3.88型(横84.6mm×縦50.76mm)
 ※旧3DS:3.53型(横76.8mm×縦46.08mm)

・下画面サイズ

 3.33型(横67.68mm×縦50.76mm)
 ※旧3DS:3.02型(横61.44mm×縦46.08mm)

・重さ
 約253g(バッテリーパック・タッチペン・microSDカードを含む)
 ※旧3DS:約235g

・バッテリー持続時間(3DSソフトの場合。DSソフトの場合はさらにアップ)
 約3時間30分~6時間
 ※旧3DS:約3~5時間

・本体カラー(当初は以下の2種類が発売)
 ホワイト
 ブラック

 



 商品に同梱される付属品の内容は、ACアダプターが付属していないなど、旧3DS&3DS LLの仕様と同じだが、付属の記憶カードのみ、4GBのSDカードから、4GBのmicroSDHCカードへ変更されている。
 (※基本同じ同梱物と書いたが、タッチペンのデザインが少し異なっているとのこと)



 なお、標準搭載の「インターネットブラウザー」については、児童が扱う仕様にあわせ、標準状態で「フィルタリング機能」が有効になっている。


 さらに、児童が勝手に設定を解除できないように、フィルタリング解除には
・クレジットカード認証
・30円の手数料

 の2つが必須になっているとのこと。



 周辺機器については、本体サイズの変更にともない、New 3DS用の新しい充電台が、同日に発売されるとのこと。
 ACアダプタについては、従来のものを流用できるので安心したい。


 New 3DS用充電台:各色 1000円[税別]
 New 3DS LL用充電台:1200円[税別]
 (※3DS用は、ホワイト、ピンク、ミント色が発売されるが、LLはブラックのみ販売)








 なお、同日発売のゲーム『モンスターハンター4G』オリジナルデザインの本体&ソフトが同梱されたバージョンも発売決定。


 また、ゲームの発売からは少し遅れるが、9月13日発売の3DS版『スマッシュブラザーズ』オリジナルデザインのNew 3DS LL本体も、11月中に発売予定とのこと(こちらにはソフトは同梱されない)。





□Nintendo 3DS Direct 2014.8.29 プレゼンテーション映像



[情報元]
Newニンテンドー3DS 公式サイト




【この記事のカテゴリ】 3DSゲーム速報


【このカテゴリの前後の関連記事】   web拍手 by FC2 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最新記事(30件分)

サイト休止のお知らせ (03/01)

2016/2/29ニュース:『ドラゴンボールZ 超究極武闘伝』のインターネット対戦モードをフィーチャーしたCMが公開 (02/29)

2016/2/27ニュース:シリーズ最新作『アイカツスターズ』のプロジェクト展開が発表。3DS版も発売決定 ほか (02/27)

『ポケットモンスター サン / ムーン』が2016年冬に発売決定。3DS VC版の初代ポケモンからポケモンを移行可能に (02/27)

2016/2/26ニュース:『妖怪三国志』のテレビCM「登場篇」が公開 ほか (02/26)

3DS版『テラリア』の紹介動画が公開。3月30日に体験版が配信されることも告知 (02/26)

3DS『ハイキュー!! Cross team match!』、「カツ丼無料券」と「池尻と澤村、東峰、菅原」の会話シーンの動画が公開 (02/26)

2016/2/25ニュース:3DSバーチャルコンソール版『ポケットモンスター』の発売記念特番が26日に配信 ほか (02/25)

3DS『ロックマン クラシックス コレクション』の紹介動画第2弾が公開。レアグッズプレゼントキャンペーンなども実施 (02/25)

2016/2/24ニュース:『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3』の体験版のプレイで『X』用の装備「リアクター」をプレゼント ほか (02/24)

3DS版『無限のデュナミス』が3月2日に配信決定。サイボーグの少女と共に世界を救うSFファンタジーRPG (02/24)

3DS『マル合格! 行政書士試験』、『応用情報技術者試験』の平成28年度版が3月2日に同時発売 (02/24)

3DS『メダロット ガールズミッション』の体験版が配信開始。『9』も購入したユーザー向けのキャンペーンも告知 (02/24)

2016/2/23ニュース:3DS版『ヒロアカ』の概要が更新 ほか (02/23)

2016/2/22ニュース:『ハイキュー!! Cross team match!』の第2弾CMが公開 ほか (02/22)

3DS『暗殺教室 アサシン育成計画!!』、殺せんせー(福山潤)と渚(渕上舞)がゲーム内容を紹介する動画が公開 (02/22)

3DS『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』、パズルバトルのルールを確認できる動画が公開 (02/22)

2016/2/19ニュース:『パズドラX』は2バージョンで7月28日に発売 ほか (02/19)

3DS『パズドラX(クロス)』の発売日が7月28日に決定。『神の章』、『龍の章』の2バージョンを発売。購入特典も発表 (02/19)

3DS『ハイキュー!! Cross team match!』、お祭りのシーンと「及川と岩泉」の会話シーンの動画が公開 (02/19)

3DS『ドラゴンボールZ 超究極武闘伝』、「七星龍(ちーしんろん)」のZアシストキャラクターを登場させるコマンドが公開 (02/19)

3DS『パズドラZ』、赤オロチが出現する「赤大蛇の絵馬」を入手できるドロップコードが配信 (02/19)

2016/2/18ニュース:『みつけて! おじぽっくる』の3DS版が発売決定 ほか (02/18)

3DS『みつけて! おじぽっくる+(プラス)』が3月2日に配信。スマホ版からキャラが増加した、おじさん妖精探しアドベンチャーゲーム (02/18)

3DS『牧場物語 3つの里の大切な友だち』、主人公のカスタマイズや畑仕事、動物の世話、牧場の配置変更などを確認できる動画が公開 (02/18)

3DS『カードファイト!! ヴァンガードG ストライド トゥ ビクトリー!!』、「タンポポの銃士 ミルッカ」が手に入るパスワードが公開 (02/18)

2016/2/17ニュース:「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」で『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』が紹介 ほか (02/17)

3DS『シチズンズ オブ アース』が2月24日に配信。主人公は副大統領。『マザー』の影響を受けた海外製RPG (02/17)

3DS『ハイキュー!! Cross team match!』、嶋田誠(CV:前野智昭)がゲームの特徴を紹介する動画が公開 (02/17)

2016/2/16ニュース:『真・女神転生IV FINAL』、特番のアーカイブ映像が公開 ほか (02/16)

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ
サイト内検索

広告

メール

お名前
メール
件名:
本文


Copyright © GamersHour for ニンテンドー3DS&DS All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」